《縁結びについて》

阿蘇山上に位置する阿蘇山本堂西巖殿寺奥之院は、結婚・良縁成就等のご利益があらたかです。

 阿蘇山西巖殿寺は、神亀三年(七二六年)、インドの毘舎衛国から来た最栄読師によって開かれました。
最栄読師は阿蘇山の火口の西の洞窟に自ら刻んだ十一面観音を安置し、 寺を開きました。
人々はこれを阿蘇山の西の巖殿の寺と呼びました。これが阿蘇山西巖殿寺という寺の名前の由来です。

 この地において、代々火口の静謐(せいひつ:火口がおだやかであること)を祈り千三百年の歴史が立ちます。
阿蘇山西巖殿寺は加藤清正により麓に下ろされましたが、奥之院が建てられその祈りが途絶えることはありませんでした。
 阿蘇山は古来より縁結びの山として信仰を集めており、昔から若い男女が春と秋の彼岸に阿蘇山の火口へ詣でていました。
これは「オンダケサンマイリ」と言われ、この行事に参加して夫婦の契りを交わしたと伝わっていることから、
縁結びにご利益があるといわれています。

 またこの建物は明治二二年に建てられましたが、幾度もの噴火でも建物が壊れたことは無く、 厄除の御利益があります。
良縁成就を願われる方、今の御縁を大事になさりたい方は、ぜひ御参拝下さい。

━━━━━━━━
メニュー
━━━━━━━━
[1]火渡り
[2]写経・写仏
[3]水子供養
[4]納骨堂
[5]アクセス
[6]縁結び
[0]TOPへ

━━━━━━━━
阿蘇山西巌殿寺
〒869-2225
熊本県阿蘇市黒川1114
TEL0967-34-0928
FAX0967-34-0978